Best Bhutan Tour, supported by Triip.me | タクツァン僧院

大多数の観光客がブータンを旅行する際に文化ツアーを選択します。人気のある目的地は、パロ、ティンプー、プナカ、ワンデュ、ジェイカーです。さらに遠くには、未開拓のシェムガン(鳥の楽園として知られ、素晴らしい野生生物が見られます)があります。また、最近ブータン東部が観光に開放されました。もしあなたが冒険を望み、未踏の土地を探索したい場合は、ブータンの東部をお勧めします。人の手が入っていない未知の地域を探検することができます。

  • パロにあるタクツァン僧院(タイガーズネスト)は世界で最も重要な仏教遺跡の一つとされています。8世紀にグル・リンポチェが、ブータンへの2度目の訪問で訪れた場所です。ブータンで最も有名で、最も訪問者が多い場所です。彼は翼のついた虎の背中に乗ってやってきたと伝えられています。タイガーズネスト(虎の巣)と名付けられたゆえんです。この寺院は1692年、1,200メートルの断崖の上に建てられました。タイガー・ネストまでのハイキングは非常に険しいため、約10ドルで馬に乗って登ることもできます。しかし、馬に乗っての移動は上りのみの一方通行で、下る際は歩いて下山する必要があります。

個人旅行者のために、タクツァン僧院へのタクシーを手配することができます。2014年5月の時点では、小型車での往復で500ニュルタムの費用がかかり、片道約20分です。タクシーが僧院の麓まであなたを連れていき、下山時には予約した時間に迎えに来てくれます。

タクツァンへ行く途中でキチュ・ラカン僧院に立ち寄ることができます。

何百もの僧院が、人里離れた地域の原風景と共に点在しています。

キチュ・ラカン

  • ジェイカーにあるキチュ・ラカン:洞窟の周りに建てられた寺院で、ブータン最古の仏教遺産です。壁にはグル・リンポチェの体の模様が描かれています。グル・リンポチェは、ブータンへ初めて訪ずれた際、ここで瞑想を行いました。

ゾン/要塞

タシチョ・ゾンは、ブータンの首都ティンプー北端にある仏教僧院であり、要塞です。ライダック川の西岸に位置します。ここには、伝統的に、ブータン政府の首席代表Druk Desi(ダーマ・ラジャ)の王座があり、1907年に君主制が創設されて以来、王様の執務室となりました。そして夏の首都でもあります。この白塗りの建物は2階建てとなっており、3階建ての塔が併設されています。塔の四辺は三層になった金色の屋根により彩られています。また中央にも大きな塔があります。ティンプー渓谷にあるシムトカゾンは1216年に建立され、同国で最初に建立されたゾンです。

ブータンのゾン

ゾンとは古代の要塞で、現在は各地区の市民および僧院の管理本部として機能しています。多くの貴重品が保管されているため、重要な建築物としての意味以外でも訪れる価値のある場所です。

ゾンは田舎にも点在し、セメント、釘、設計図を使わずに建てられました。訪問可能なゾンは以下の通りです。

  • プナカ・ゾン
  • トンサ・ゾン
  • ジェイカー・ゾン
  • ルンツェ・ゾン
  • シムトカ・ゾン
  • ガサ・ソン
  • リンプン・ゾン
  • ゴンガ・ゾン
  • ジンツェ・ゾン
  • シガツェ・ゾン
  • タシチョ・ゾン
  • カギュー・ゾン
  • Lingzhi Yügyal・ゾン
  • ドゥゲ・ゾン
  • Changchukha・ゾン
  • シガツェ僧院、シガツェ・ゾン
  • Shongar・ゾン
  • シンゲ・ゾン

トレッキング

ブータンでのハイキング

ブータンではトレッキングが大人気です。ドゥルック・パスが最も一般的なトレッキングコースで、パロから首都ティンプーまで続いています。その他にも多くの素晴らしいトレッキングコースがあります。下記に記載のリストをご覧ください。チョモ・ラーリとラヤ・ガサのトレッキングも人気があります。スノーマン・トレッキングは世界で最も険しいトレッキングの1つであると言われており、およそ30日間かかります。トレッキングにおすすめのシーズンは、6月中旬から10月中旬です。

  • ブムタン・カルチャー・トレッキング
  • ブムタン・ふくろうトレッキング
  • チェレラ・トレッキング
  • ダガラ・湖めぐりトレッキング
  • Dongla・トレッキング
  • ドゥルック・パス・トレッキング
  • Dur温泉・トレッキング
  • Gangjula・トレッキング
  • ガンカル・プエンスム
  • ガンテイ・トレッキング
  • ジョモラリ・トレッキング
  • ラヤ・ガサ・トレッキング
  • Lingmithang – ツシェムガン・トレッキング
  • メラ・サクテン・トレッキング
  • Nabji Korphuコミュニティベース・トレッキング
  • Nubtsona Pata・トレッキング
  • プナカ・ウィンター・トレッキング
  • Rigsum Goenpa・トレッキング
  • ロイヤル・ヘリテージ・トレッキング
  • サガラ・トレッキング
  • サムテンガング・トレッキング
  • シンチュラ・トレッキング
  • スノーマン・トレッキング
  • ワイルド・イースト・Rodungla・トレッキング

風景

ブータンの朝

ブータンの原始的な環境は、豊かで多様な生態系を有しています。特異な地理的条件、多様な気候パターン、雄大な山々や谷があることから、他国に誇れる素晴らしい生物多様性がブータンには現存します。世界で最も重要な生物多様性をもつ地域の1つとしても名前が挙げられます。

環境の重要性を認識し、豊富な生物多様性を保全しながら発展を目指す方針は、世界の模範となっています。政府は、最近制定された法律に、森林資源の60%を常時維持すると定めました。今日では、国の土地面積の約72%が森林地帯であり、その約26%が4つの公園からなる保護区域に該当しています。その結果、ブータンは、素晴らしい手付かずの自然環境を保っており、海外からの旅行者にとても高く評価されています。

ブータンの荒野

ブータンの35%は国の管轄下にある国立公園で構成されています。以下の6つからなります。ジグミ・シンゲ・ワンチュク国立公園(1300 km²)、TrumshingLa国立公園(768 km²)、ロイヤル・マナス国立公園(9,938.54 km²)、ジグミ・ドルジ国立公園(4,349 km²)、Bumdeling鳥獣保護区(1,545 km²)、サクテン野生生物保護区(650 km²)。