8日間ブータン文化ツアー ブンドラ僧院トレッキング

Paro Airport

Thimphu

Punakha

Pパロ(標高2200m) -パロの美しい渓谷は、豊かな文化、美しい景色、何百もの神話、伝説を内包しています。ブータン最古の寺院や僧院、国立博物館、国で唯一の空港があります。チョモ・ラーリ山(7,314m)は渓谷の北端に氷河を形成し、その氷河が溶けた水は深い渓谷を通りパロ・チュ(Paro River)を形成します。パロはまた、王国の最も肥沃な谷の一つで、段々畑で地元では有名なレッドライスを大量に生産しています。
パロへのフライトは、世界で最も素晴らしいフライト体験の1つと考えられています。ブータンへの行き帰りのフライトの間、エベレスト、カンチェンジュンガ、マカルー、チョモ・ラーリ、ジチュダケ、Tsrim Gangなどの山々が望めます。また、空港では我々のツアーのスタッフがお迎えにあがりホテルまでお連れします。

Day 0: 出発:日本 - バンコク

ブータンにはバンコク経由で入国します。機中泊、バンコクのホテルで1泊、バンコク観光後ブータンに入国など、お客様によってご希望は様々です。ご要望に応じてアレンジさせていただきます。

※料金に日本-バンコク間の航空費用は含んでおりませんが、ご要望に応じて手配いたします。ただし、お客様ご自身で手配されたほうが安い場合がございますのでご了承ください。

Day 1: 到着:パロ - ティンプー

着陸後、ティンプーに車で向かい、以下の場所を訪れます。

  • ティンプーは標高2320mのヒマラヤの中心部に位置する小さく魅力的な首都で、人口は約10万人です。首都でありながら、政府、宗教、商業の中心地としても機能しています。古くからの伝統と近代的な開発がミックスされた独特な都市で、いつも活気にあふれています。公務員、駐在員、僧侶の邸宅があるティンプーは、建築様式から国家の強いアイデンティティを保たれていることが覗えます。
  • メモリアル・チョルテン: この仏塔は1974年、ブータンの3代目の王であり、現代ブータンの父とみなされてい故ジジグミ・ドルジ・ワンチュク国王の記念碑として建立されました。この宗教的な建築物の周囲は時計回りの方向に移動する決まりになっています。(祈りと大きな赤い祈りの輪を回す。)
  • ブッダポイント:午後からは、世界最大の鎮座するブッタの像があり、僧院とビジターセンターが収容されているこの場所をぜひ訪れてみてください。ここから、ティンプー市街の素晴らしい景色をお楽しみいただけます。
  • タシチョ・ゾン: タシチョ・ゾンは、1952年以来、政府の中心地であり、王座の間、国王の執務室、事務局、内務・財務部のオフィスとして機能しています。他の政府機関も近くの建物に位置しています。

夕方:ティンプー市街/手工芸品バザーを探索

ティンプーでの宿泊: Namgay Heritage Hotel 

Day 2: ティンプー観光

朝食後に以下の場所を訪れます

  • 国立織物博物館: この博物館は、ブータンの現存する織物の芸術を学ぶために、訪れる価値がある場所です。1階はチャム(宗教的な仮面舞踏)の衣装に焦点を当てており、上層階には主要な製織技術、地元のドレス様式、女性と男性が作った織物の種類が紹介されています。通常は、ブータン北東部にあるルンツェの有名な織物センターによる伝統技法で、店内にある部屋で少数のグループにより製織作業をしています。
  • 伝統工芸学校: ブータンの芸術家にとっての初等教育センターです。学生の興味に応じて、絵画、製織、彫刻、鍛冶、刺繍など13の芸術品や工芸品について専門的に学ぶことができます。ここは旅行客がブータンの伝統的な芸術品や工芸品を学ぶのに最適な場所です。
  • 手作りの製紙工場: 伝統的な製紙工程は簡単かもしれませんが、ダフネの樹皮や糊付けのための植物根など、原材料を集めるにはかなりの時間を要します。用紙を乾かすための小さなヒーターは別として、すべて手作業で作業が行われます。ダフネ紙は、世界でも最高級の紙の1つであり、芸術家には強くお勧めします。
  • 国立ターキン保護区: ブータン各地の動物がいる国立ターキン保護区にハイキングか車で向かいます。伝説によると、ターキンはヤギとバッファローの間の交雑とされていますが、生物学者の間では、北極のジャコウウシの近縁であると見解が一致しています。この奇妙な動物は、様々な動物のパーツを集めてきたかのように見え、金色掛かった毛皮を帯びたアメリカのバイソンとぼんやりと似ています。雄のターキンは、地上に横たわる鷲のから身を隠すことで知られています。
  • ドゥプトプ尼僧院: これはブータンで最大の尼寺であり、尼僧と写真を撮り、交流し、ブータンの仏教徒、尼僧がどのような考えで生活しているのかを知るのに適した場所です。多くの尼僧が祈りを捧げ、ドゥプトプ尼僧院で祈りの輪を回している姿を見ることができるでしょう。ブータンの女性は一定の期間尼僧にはいります。彼女たちはここで仏教で教育を受け、卒業後には地域社会に奉仕することに人生を捧げます。尼僧とのやり取りに時間を費やすことで、彼女たちの信念や世界観を知ることができます。
  • センテナリー・ファーマーズ・マーケット: この市場を散歩し、地元の農家と交流します。ティンプーの新しいウイークエンドマーケットは、ブータンの農民にとっては国内で最大の市場です。全国の農家が、各地から農産物を市場に持ってきて販売しています。このファーマーズマーケットは、新鮮な有機農産物を幅広く取り揃えており、観光客に好評なスポットです。あらゆる人々のレクリエーションスポットとなっています。近くのカンチレバーの歩道橋を渡り、Kuendeyling Bazaamの西側には、衣服、織物、手工芸品を販売する屋台が集まっています。(週末の場合)

ティンプーでの宿泊: Namgay Heritage Hotel 

Day 3: ティンプー - プナカ

プナカの標高は1300mです。プナカは、ブータンの創設者であるザガワン・ナムゲルの統治時代に首都として機能していました。今日では、行政、並びに地域の宗教における中心地であり、ブータンの中央僧連盟の冬季の拠点でもあります。温暖な気候に恵まれており、ポ・チュ(雄の川)とモ・チュ(雌の川)から自然に水が流れているため、プナカ渓谷では豊富な作物、果物が生産されています。

ドチュラ峠(3150m)の写真を撮りながらヒマラヤ山脈の絶景を楽しんで、朝が始まります。この峠には、国家の安寧と発展を祝うために造られた108の仏塔が飾られており、この仏塔は第四代国王ジグミ・シンゲ・ワンチュクによって持ち込まれました。

プナカでは以下の場所を訪れます。

  • チミ・ラカン・ハイキング: 15世紀にLam Ngawang Chogyalによって建てられた僧院で、チミ・ラカンへ田んぼを通る往復45分の道をハイキングで向かいます。ここは、Lam Ngawang ChogyalのいとこのLam Drukpa Kuenley(「神聖な狂人」として知られている)が強力な悪魔を鎮圧した場所とされています。また、この僧院は「子宝スポット」とされており、この寺院で祝福を受けたカップルは、数年のうちに子どもに恵まれると信じられています。
  • プナカ・ゾン: 名前は偉大な至福の宮殿を意味します。このゾンは、2つの川(ポ・チュフとモ・チュフ)がぶつかる土地で雄大に建っています。プナカ・ゾンは、ブータンの歴史において、1907年に初代ブータン国王、ウゲン・ワンチュクが戴冠された場所として特別な意義を持っています。また、ジェー・ケンポ(精神的指導者)と中央僧連盟全体のための冬の住居でもあります。
  • プナカ吊橋: 写真愛好家にとっては絶好の撮影スポットです。

夕方: 伝統的な農家宅を訪れ、本物のブータンのライフスタイルと地元のおもてなしを体験してください。

プナカでの宿泊: Hotel drubchu/ Vara 

Day 4: プナカ - パロ

朝食後、パロに車で移動します。途中ラムペリ王立植物公園に立ち寄ります。この公園47平方マイルの植物公園(ティンプーから35km)の中心にあり、46種類以上の蓮の花があります。

パロでは次の場所を訪れます。

  • ブータン国立博物館ブータン国立博物館のタ・ゾン(望楼)は17世紀にリンプン・ゾン(要塞)を守るために建設されました。最初の国王はこの塔の中に1週間捕虜として囚われていたと言われています。三代目の国王がタ・ゾンを復元し、国立博物館にしました。博物館への訪問することでブータンの生活様式に触れ、自然と文化の歴史を知ることができます。
  • パロ・ゾン(リンプン・ゾン): 荘麗で堂々たるこのゾンは、おそらくブータンでもっとも独特で重要な建築物の一つです。パロ・ゾンは、パロ地区の本部であり、管理者とスタッフ、約200人の僧侶が居住しています。
  • キチュ・ラカン: それは7世紀にさかのぼる、王国で最も古く、最も神聖な寺院のひとつです(もう一つはブムタンのジャンペ・ラカンです)。キチュ・ラカンは2つの寺院で構成されています。最初の寺院は、7世紀にチベットの君主ソンツェン・ガンポによって建てられました。1968年にはブータンの王妃ケサン・チョーデンが、オリジナルの模様で第二の寺院を建てました。

夕方パロの街を探索

パロでの宿泊: Naksel Boutique Hotel and Spa 

Day 5: ブンドラトレッキングの始まり - ブンドラ僧院

標高:3,800m

早い時間に朝食をとり、車で20分の所にあるパロ谷(標高2,800m)のサンチェン・チョコル仏教大学に向かいます。そしてここから、ブンドラ僧院(標高3,800m)の下にある、ヤクのいる牧草地に向けてハイキングします。短く、気楽な冒険は、サンチェン・チョコルでハイキングの仲間であるポニーに会う所から始まります。ポニーに荷物を乗せている間、仏教大学をお参りも出来ます。森に覆われた木漏れ日の中、尾根を1,2時間登っていくと、祈りの旗が青い空を背景にくっきりと現れます。また、下をみれば、パロ渓谷とド・チュ(川)の素晴らしい風景が広がります。

さらに上方へ1,2時間ほど登っていくと、山腹にthe Chhoe Tse Lhakhang(寺院)があります。うねった山道を進むと愛すべき寺院への最後の難所が現れます。この辺りから、南はパロの景色、北は雪に覆われたヒマラヤ山脈が望めます。最後の20分間、遺跡や、はためく祈りの旗の間を登った後、もう1度、大昔からあったであろう森に入ります。40分かけてそこを通過すると、高く開けた牧草地に出ます。そこには、神聖な仏塔や祈りの旗が点在しています。ブンドラ僧院(千の祈りの洞窟)のすぐ下、ヒマラヤ山脈が眼前に広がる所に、宿泊するためのテントを立てます。ランチを食べた後は、僧院を訪ねてもいいですし、さらに素晴らしい景色を眺めるために、北側の頂上(標高約4,000m)へ登ってもよいでしょう。とても美味しい夕食の時間までにはキャンプに戻り、食事をすませてからゆっくり休みます。

宿泊:キャンプ

Day 6: ブンドラ僧院 - タクツァン僧院 - パロ

標高:2,280m

ブンドラ僧院からサンドペルリ僧院とタクツァン僧院を経由して下山します。
心のこもった朝食をすませると、谷を降りていく時間です。ただし、景色に最後のお別れをしてからでも構いません。何れにしても、古代松とシャクナゲに覆われた、お坊さんも通っている曲がりくねった道を降りて行く事になります。

1,2時間程降りて行くと、下の方に僧院の金色の屋根がうっすらと見えてきます。これらの僧院と僧院の間の山腹を横切る曲がりくねった道を通って、サンドペルリ (地上の楽園)の庭にたどり着きます。もし勇気があるなら、崖からはるか下の方にある、装飾の施されたタクツァン僧院の屋根を見る事が出来ます。1時間後、タクツァン僧院へと続く峡谷を通ります。

険しい道を滝まで降って、さらに今度は10分登っていくとタイガーズネストこと、タクツァン僧院に到着です。僧院を後にすると、最後の下山です。45分程度でパロ渓谷の麓に到着です。そこで車に乗ってパロのホテルに移動します。

夕方:ホテルでくつろぐか近隣の集落を探検
パロで宿泊: Nak-sel Boutique Hotel and Spa

Day 7: 出発:パロ

朝食後、出国のためにパロ空港に移動します。

パッケージに含むもの
  • 空港送迎サービス
  • 3星〜5星の宿泊施設
  • ブータンへのビザ
  • 朝昼晩の3食
  • ミネラルウォーター
  • 専用車
  • すべてのアトラクションへの入場券
  • 道路の通行許可
  • プロフェッショナルの英語ガイド
  • プライベートドライバー
  • 政府の手数料、ロイヤルティ、税金および課徴金
  • 伝統的なブータンの民族衣装「ゴ」と「キラ」の着用体験
次の出発予定日

毎週火曜日木曜日日曜日

価格(1名あたり)

3月〜5月、9月〜11月

  • 1名: USD2.580
  • 2名: USD2.520
  • 3名以上: USD2.340

12月〜2月、6月〜8月

  • 1名: USD2.200
  • 2名: USD2.160
  • 3名以上: USD1.980
以下は料金に含まれておりません
  • バンコクまでの航空券

  • 日本語ガイド(USD100 /グループ/日)

  • ガイドへのチップ(USD7 /1人/日)

  • ドライバーへのチップ(USD5 /1人/日)

  • 個人的な買い物等の費用

  • 旅行保険

Request your customised tour

Request now