8日間ブータン文化ツアー

Buddha Point

Trekking in Punakha

Trekking

Tashichho Dzong

Tiger Nest

パロ(標高2200m) -パロの美しい渓谷は、豊かな文化、美しい景色、何百もの神話、伝説を内包しています。ブータン最古の寺院や僧院、国立博物館、国で唯一の空港があります。チョモ・ラーリ山(7,314m)は渓谷の北端に氷河を形成し、その氷河が溶けた水は深い渓谷を通りパロ・チュ(Paro River)を形成します。パロはまた、王国の最も肥沃な谷の一つで、段々畑で地元では有名なレッドライスを大量に生産しています。
パロへのフライトは、世界で最も素晴らしいフライト体験の1つと考えられています。ブータンへの行き帰りのフライトの間、 エベレスト、カンチェンジュンガ、マカルー、チョモ・ラーリ、ジチュダケ、Tsrim Gangなどの山々が望めます。また、空港ではBest Bhutan Travelのスタッフがあなたを迎え入れます。

Day 0: 出発:日本 - バンコク

ブータンにはバンコク経由で入国します。機中泊、バンコクのホテルで1泊、バンコク観光後ブータンに入国など、お客様によってご希望は様々です。ご要望に応じてアレンジさせていただきます。

※料金に日本-バンコク間の航空費用は含んでおりませんが、ご要望に応じて手配いたします。ただし、お客様ご自身で手配されたほうが安い場合がございますのでご了承ください。

Day 1: 到着: パロ - ティンプー

パロに到着した後、ティンプーへ車で移動

ティンプーの標高は2320mです。ティンプーはヒマラヤの中心部に位置する小さくも魅力的な首都です。人口は約10万人です。ティンプーはブータンの首都であり、政府、宗教、商業の中心地です。古くからの伝統と近代的な開発がミックスされた独特な都市で、いつも活気にあふれています。公務員、駐在員、僧侶の邸宅があるティンプーは、建築様式から国家の強いアイデンティティを保たれていることが覗えます。

ホテルにチェックインし、お飲み物をお召し上がりいただきます。その後、以下の場所に向かいます。

  • メモリアル・チョルテンこの仏塔は1974年、ブータンの3代目の国王であり、現代ブータンの父とみなされてい故ジジグミ・ドルジ・ワンチュク国王の記念碑として建立されました。モニュメント内の絵や彫像は、仏教哲学の深い洞察を提供します。
  • ブッダポイント世界最大の鎮座するブッタの像があり、僧院とビジターセンターを収容されていますのでぜひ訪れてみてください。ここから、ティンプー市街の素晴らしい景色をお楽しみいただけます。

昼食:Banez Restaurant

  • 13の専攻科目からなる学校ブータンの芸術家にとっての初等教育センターです。学生の興味に応じて、絵画、製織、彫刻、鍛冶、刺繍など13の芸術品や工芸品について専門的に学ぶことができます。ここは旅行客がブータンの伝統的な芸術品や工芸品を学ぶのに最適な場所です。訪問時には、学校で様々な技能を学ぶ学生を見ることができます。
  • 国立織物博物館(National Textile Museum)この博物館は、ブータンの現存する織物の芸術を学ぶために、訪れる価値がある場所です。1階はチャム(宗教的な仮面舞踏)の衣装に焦点を当てており、上層階には主要な製織技術、地元のドレス様式、女性と男性が作った織物の種類が紹介されています。通常は、ブータン北東部にあるルンツェの有名な織物センターによる伝統技法で、店内にある部屋で少数のグループにより製織作業をしています。
  • タシチョ・ゾンタシチョ・ゾンは、1952年以来、政府の中心地であり、王座の間、国王の執務室、事務局、内務・財務部のオフィスとして機能しています。他の政府機関も近くの建物に位置しています。

夕方:ティンプー市街/手工芸品ストールの探索

夕食: Chha Bistro Restaurant

ティンプーで宿泊: Namgay Heritage Hotel www.nhh.bt

Day 2: ティンプー観光

朝:チェリ僧院へのハイキング。ティンプー渓谷の北に車で行き(15km)、チェリ僧院へ30〜45分歩く。 

チェリ僧院 は1620年にガワン・ナムゲルによって設立されました。この僧院は南部Drukpa Kagyu派の教育センターおよびリトリートセンターになりました。仏教の哲学、形而上学、数学、詩人、その他多くの仏教の研究のための僧院として機能します。ブータンの伝説や歴史によると、その場所は8世紀にパドマサンバヴァが最初に訪れた場所です。13世紀にはブータンでDrukpa Kagyuの伝統を確立したチベットの僧侶、パジョ・ドゥゴム・シクポが訪れました。シャブドゥン(ガワン・ナムゲル)は修道院で3年間厳格にリトリートをし、その後何年も滞在しました。

ピクニックランチが手配されます。昼食後の行き先:

  • National Takin Reserve: ブータン各地の動物がいるNational Takin Reserveにハイキングか車で向かいます。伝説によると、ターキンはヤギとバッファローの間の交雑とされていますが、生物学者の間では、北極のジャコウウシの近縁であると見解が一致しています。この奇妙な動物は、様々な動物のパーツを集めてきたかのように見え、金色掛かった毛皮を帯びたアメリカのバイソンとぼんやりと似ています。雄のターキンは、地上に横たわる鷲のから身を隠すことで知られています。
  • センテナリー・ファーマーズ・マーケット: 市場を散歩し、地元の農家と会話をしながら買い物をします。ティンプーの新しいウィークエンド・マーケットは、ブータンの農家にとっては国内最大の市場です。全国各地の農家が、農産物を販売しにやってきます。新鮮な有機農産物を幅広く取り揃えていることから、観光客に人気のスポットとなり、あらゆる人々のレクリエーションスポットとなっています。近所には、カンチレバーの歩道橋、Kuendeyling Bazaam、西岸には、衣服、織物、手工芸品を販売する屋台が集まっています。

夕方:チャンリミタン・スタジアムでアーチェリーゲームを見学します。アーチェリーは、ブータンの国技であり、毎週末に全国各地で行われております。この日にアーチェリーの試合がない場合、興味があればパロにあるナク-セル・リゾートを手配することができます。

夕食: Bhutan Aroma Restaurant

ティンプーでの宿泊: Namgay Heritage Hotel www.nhh.bt

Day 3: ティンプー - プナカ

朝食後プナカへ車で移動します。

プナカの標高は1300mです。プナカは、ブータンの創設者であるザガワン・ナムゲルの統治時代に首都として機能していました。今日では、行政、並びに地域の宗教における中心地であり、ブータンの中央僧連盟の冬季の拠点でもあります。温暖な気候に恵まれており、ポ・チュフ川(雄)とモ・チュフ川(雌)から自然に水が流れているため、プナカ渓谷では豊富な作物や果物が作られています。

ドチュラ峠(3150m)の写真を撮りながらヒマラヤ山脈の絶景を楽しんで、朝が始まります。この峠には、国家の安寧と発展を祝うために造られた108の仏塔が飾られており、この仏塔は第四代国王ジグミ・シンゲ・ワンチュクによって持ち込まれました。

プナカでのランチ:ロベサにある村のレストラン

  • チミ・ラカン: 短い距離ですが田んぼをハイキングをしながら通り過ぎチミ・ラカンに向かいます。15世紀にLam Ngawang Chogyalによって建てられたの僧院は、彼のいとこのLam Drukpa Kuenley(「神聖な狂人」として知られている)が強力な悪魔を鎮圧した場所とされています。また、この僧院は「子宝スポット」とされており、この寺院で祝福を受けたカップルは、翌年には子どもに恵まれると信じられています。
  • プナカ・ゾン: 名前は偉大な至福の宮殿を意味します。このゾンは、2つの川(ポ・チュフとモ・チュフ)がぶつかる土地で雄大に建っています。プナカ・ゾンは、ブータンの歴史において、1907年に初代ブータン国王、ウゲン・ワンチュクが戴冠された場所として特別な意義を持っています。また、ジェー・ケンポ(精神的指導者)と中央僧連盟全員のための冬の住居でもあります。
  • プナカ吊橋: 写真愛好家にとってはエキサイティングな橋です。

農家宅でのディナー

プナカでの宿泊:農家でのホームステイ/ Drubbchu Resort 

Day 4: プナカ観光

朝食後、ハイキングか車でカムスン・ユレ寺へ向かいます。カムスン・ユレ・ナムゲル仏塔は30メートルの高さで、歩いているとき、または歩道橋からロッジに向かって歩いているときに遠くに見ることができます。この3段からなる仏塔は、建設に8年半かかり、1999年に奉献されました。5代目国王に捧げられ、彼と国を守る役割を果たします。それゆえ、想像を絶するほどのカラフルなプロテクターで覆われています。 ハイキングは約45分〜1時間の往復です。

ピクニックをしながらのランチか地元のレストランでランチです。 

昼食後、プナカから約15km離れたKabisaへドライブし、Kabisa geog(村、学校など)を探索します。KabisaのChorten Nynpo Monsateryに入ってみてください。この僧院には約50人の僧侶がいます。そこで僧侶と対話します。僧院での生活様式を垣間見ることができます。Lama Sonamと瞑想を行います。

プナカでの宿泊: Chorten Nynpo Monastery/ Drubbchu Resort

Day 5: プナカ - パロ

朝食後、パロに車で移動します。途中ラムペリ王立植物公園に立ち寄ります。この公園47平方マイルの植物公園(ティンプーから35km)の中心にあり、46種類以上の蓮の花があります。

ティンプーで昼食: Babesa Village Restaurant

午後:パロへの旅を続行

  • ブータン国立博物館: ブータン国立博物館のタ・ゾン(望楼)は17世紀にリンプン・ゾン(要塞)を守るために建設されました。最初の国王はこの塔の中に1週間捕虜として囚われていたと言われています。三代目の国王がタ・ゾンを復元し、国立博物館にしました。博物館への訪問することでブータンの生活様式に触れ、自然と文化の歴史を知ることができます。
  • パロ・ゾン(リンプン・ゾン): 荘麗で堂々たるこのゾンは、おそらくブータンでもっとも独特で重要な建築物の一つです。パロ・ゾンは、パロ地区の本部であり、管理者とスタッフ、約200人の僧侶が居住しています。
  • キチュ・ラカン: それは7世紀にさかのぼる、王国で最も古く、最も神聖な寺院のひとつです(もう一つはブムタンのジャンペ・ラカンです)。キチュ・ラカンは2つの寺院で構成されています。最初の寺院は、7世紀にチベットの君主ソンツェン・ガンポによって建てられました。1968年にはブータンの王妃ケサン・チョーデンが、オリジナルの模様で第二の寺院を建てました。

夕方パロ市街を探索

夕食: Layabling Restaurant /ホテル(オプション)

パロでの宿泊: Naksel Boutique Hotel and Spa www.naksel.com

Day 6: パロ - タクツァン僧院(タイガーズネスト)へハイキング

ブータンの美しさを表す象徴的な存在であり、最も重要なランドマークであるタクツァン僧院は、パロ渓谷の300メートル上にある急峻な崖の側面にあります。その場所は、8世紀にヒマラヤ諸国の仏教タントラを創始したグル・リンポチェが最初に訪問した場所です。彼は約3ヶ月間ここで瞑想したと言われています。元の寺院は17世紀に建てられましたが、悲劇的なことに、1998年に火災で焼失しました。しかしこの僧院は、不死鳥のごとく、2003年に過去の栄光をそのままに修復されました。タクツァン僧院は仏教界で10番目の聖地だとされています。タクツァン僧院の主要な複合施設内にある3つの異なる寺院を訪れることができます。ポニーに乗っての移動をリクエストに応じて提供することができます。 

昼食: タクツァンのカフェテリア

午後Naksel ResortのMenchu Spaにてホット・ストーン・バスをお楽しみください。

夕食: Naksel Boutique Hotel and Spa

パロでの一泊: Naksel Boutique Hotel and Spa www.naksel.com

Day 7: パロを出発

朝食後、出国のためにパロ空港に移動

パッケージに含むもの

 

  • 空港送迎サービス
  • 3星〜5星の宿泊施設
  • ブータンへのビザ
  • 朝昼晩の3食
  • ミネラルウォーター
  • 専用車
  • すべてのアトラクションへの入場券
  • 道路の通行許可
  • プロフェッショナルの英語ガイド
  • プライベートドライバー
  • 政府の手数料、ロイヤルティ、税金および課徴金
  • 伝統的なブータンの民族衣装「ゴ」と「キラ」の着用体験
出発日程

毎週、火曜日木曜日 、日曜日

※現地集合解散です。

価格(1人あたり)

 

  • 1名: USD2,580
  • 2名: USD2,520
  • 3名以上: USD2,340

12月~2月、6月~8月

  • 1名: USD2,220
  • 2名: USD2,160
  • 3名以上: USD1,980
以下は料金に含まれておりません
  • 日本とブータンの往復航空券(USD1000~)

  • 日本語ガイド(USD100 /グループ/日)

  • ガイドへのチップ(USD7 /1人/日)

  • ドライバーへのチップ(USD5 /1人/日)

  • 個人的な買い物等の費用

  • 旅行保険

独自のツアーをリクエストすることも可能です

Request now